ウィンナコーヒー

 

 

コーヒー通の方なら知っているかもしれませんが、世の中には「ウィンナコーヒー」というものがあります。このウィンナコーヒーはオーストリア発祥のコーヒーで、名前の通りウィンナーを入れるわけではなく、濃い目のコーヒーにホイップクリームを入れたもののことを指します。別名としては「カフェヴィエンヌ」や「カフェヴィエノワ」という名前がありますね。このウィンナー・コーヒーはウィンナー、つまりウィーンの、という冠詞をとっていますが、実際今のウィーンにはウィンナー・コーヒーというものはありません。矛盾しているようにも見えますが、どちらかというとウィーンの人々はカプチーノのようなものを飲んでいる人が多いのです。ですから、ウィンナー・コーヒーを飲みたいからと言ってウィーンに行っても仕方ない、ということを覚えておいてください。このウィンナー・コーヒーの良い所はといえば、やはり「ホイップクリームの甘さとコーヒーの苦味の調和」でしょう。ウィンナー・コーヒーはちょうどいい感じに甘みと苦味が舌を覆うため、甘党の方ではなくても飲めるのが特徴的ですよ。甘さと苦さが混ざった感じはまさに驚きですから、一度はウィンナー・コーヒーを飲んでみてください。

コメントは受け付けていません。