カフェラテ

 

 

一概にカフェラテという言葉で表しても、その作り方は様々で、国によっては名前が変わったりします。まず発祥地であるイタリアから見てみると、カフェラテとはコーヒーと牛乳を混ぜたもののことを指します。製法が非常に簡単なコーヒーですから、イタリアではどちらかというと家庭の味として飲まれていることが多いですね。それに比べて日本では「エスプレッソに牛乳を加えたもの」という扱いをされており、本場イタリアのカフェラテとは微妙に異なったものとなっています。なので、日本でカフェラテを飲む場合には、どちらかというとお店で飲んだりすることが多いのではないかと思います。どちらかというと日本のカフェラテの方が気合が入っている、といった感じですね。ここまでは日本とイタリアのカフェラテの違いについて述べてきましたが、ここからはちょっとした知識です。カフェラテは本来どんな意味だか知っていますか?実は「コーヒーと牛乳」という意味なんです。なので、本来はイタリアの「牛乳プラスコーヒー」というのが普通なわけですね。どちらにせよ、カフェラテは様々なコーヒー店で飲んでいると「イタリア式」や「日本式」によって違いがあって面白いですよ。

コメントは受け付けていません。