コーヒーの入れ方

 

 

コーヒーには「入れ方」というものが確立されています。豆や水の味だけがコーヒー自体の味に影響する、なんて思われがちなコーヒーですが、実際は「コーヒーの入れ方」によっても美味しさに差があるんです。まずコーヒーの入れ方で大切なこととして、「分量に気をつける」ということが有ります。コーヒーの味を左右する要素の一つとして、水と粉、もしくは豆の割合は大切です。かの有名なコーヒー店であるスターバックスだと、180mlの水に対して10gもコーヒーの粉を入れる、という比率を保っているようですよ。そして次のいれ方として「挽き方」ですが、これは珈琲の種類によっても帰るとよいでしょう。コレについては粗め、細かめをおこのみで変えてみてください。基本的にはコーヒーは「分量」「挽き方」にさえ気をつけてあげれば、入れ方自体には問題がありません。ただこれをないがしろにしてしまうと、どうしてもコーヒー本来の「甘さ」や「風味」が無くなってしまいます。比率を間違えてもそうですし、下手な水を使ってしまってもあまり美味しくなりません。コーヒーの入れ方で気をつけて欲しいのは、「分量」「挽き方」「お水」の三点ですよ。

コメントは受け付けていません。