カフェオレ

 

 

カフェオレはコーヒー恩お見方の一つで、簡単に言うと「牛乳プラスコーヒー」といった形のものです。このカフェオレの入れ方は2つあり、それはまず一つ目が「コーヒーと牛乳を一対一になるように全く同時に入れる方法」、そして二つ目が「エスプレッソと温めた薄い牛乳を一対一になるように混ぜる方法」となっています。海外ではこの二つの方法がどちらもカフェオレとされているのですが、日本ではしばしば2番目の方法のことを「カフェラテ、カフェ・ラッテ」と表記することがあるようですから、それには留意したいですね。このカフェオレの何がいいかというと、私はその「まろやかな味わい」だと思います。カフェオレは牛乳と混ぜることによって非常になめらか、かつまろやかな味わいとなるのが面白いところで、同じコーヒーでも「ここまで味が変わるのか!」といった驚きさえ感じますよ。私が思う限り、このカフェオレはどちらかというと朝よりかは、夜の落ち着いた時に飲むのが良いのではないかと思います。朝急いで飲むというよりかは、夜などに落ち着いている時にゆっくり飲む、というのがもっとも味わい深い飲み方だと思うからです。

コメントは受け付けていません。